部署紹介

部署紹介

6F病棟(外科病棟)

消化器外科、消化器内科を中心に、検査や治療(保存・手術)を行っています。患者さん、ご家族が安心して治療が行えるよう、質の高い知識と技術を提供します。
また、専門知識を修得するために、院内外の研修に参加し自己研鑚しています。
スタッフ一同笑顔を忘れずに、より良い環境づくりに努めます。

一般病棟

5F病棟(内科病棟)

内科病棟で、循環器疾患や腎臓疾患などの患者さんが主に入院されています。心臓血管カテーテル治療やシャント造設術(透析を行うための血管の手術)を受けられた患者さんへ、「信頼される安全で安心な看護が提供できる」を目標に、スタッフ一同で努力しています。明るい、元気な病棟です。

3F病棟(整形外科病棟)

整形外科単科の病棟です。「嚥下・栄養・褥瘡・整形基礎」「クリニカルパス」「股関節+人工関節」「リハビリ」の4つのグループがあり、それぞれに所属したスタッフが目標を立てて看護に取り組んでいます。スタッフの平均年齢は29歳。コミュニケーションが取れ、明るく雰囲気の良い部署です。
日勤はペア看護師を中心にチームで取り組み、経験の差、勤務体系の違いがあっても協働できる環境づくりに取り組んでいます。

回復期リハビリテーション病棟

4F病棟(回復期病棟)

平成23年より開設された回復期リハビリ病棟は今年で8年目を迎えます。脳血管疾患や大腿骨近位部骨折などの回復期段階の患者様が入院されています。
今年3月より増築・増床され56床になりました。
患者様に対して家族を含め他職種(医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、栄養士、ケアマネージャーなど)と情報交換を密に行い自宅復帰を支援させていただいています。回復期認定看護師や認知症ケア指導管理士、介護福祉士などの専門資格取得も増し、スタッフ自身も向上への努力をしています。患者様の回復される姿に元気をいただける病棟です。

療養病棟

2F病棟(療養型病棟)

当病棟は、急性期での治療が終えて、慢性期としての治療・介護・看護が必要な患者さんを対象とする医療療養型病棟です。私達は、やさしさと思いやりをもって、患者さんが安心して心地よく生活していただけることを目標に日常生活の援助を行っています。特に口腔ケアやスキンケアに力を入れ取り組んでいます。人としての敬意と尊厳を守り、患者さんと家族の気持ちに寄り添った看護が提供できるように日々努力しています。

手術室

当手術室は医師をはじめ看護師、臨床工学技士、看護助手などの職種で構成されており、手術室はHybrid手術室(外科治療とカテーテル治療が同時に行える)を含め4部屋で運用しています。年間手術件数が1500件(2017年)行っており、手術室スタッフは消化器外科、整形外科、腎臓内科、心臓血管外科と多彩な手術に対応しています。
手術は患者様にとって非日常的なことなので、不安になると思います。そのため看護師が術前訪問を実施し患者様と良好な信頼関係を築けるように努めております。また、術前訪問より得た情報を手術室スタッフで共有することにより、より良い看護の提供をしています。緊張感の高い部署ではありますが、スタッフみんなが協力し安全にかつ円滑に手術が進められるように日々精進しています。

アンギオ室

当院にはカテーテル室として、アンギオ室とHybrid室の2部屋があります。
アンギオ室は、主に循環器内科が使用しており、一度に2方向から撮影することができる、バイプレーン装置を導入しています。この透視装置により、造影剤の使用量を軽減することができるほか、患者様の被曝量を低減することが可能となり、より侵襲の少ない検査・治療を行うことができます。
また、Hybrid室は、全診療科で使用されており、末梢血管疾患の治療(PTA,シャントPTA)や、肝臓癌治療(TAE)、CVポート植え込み術等を行なっています。より清潔度の高い部屋で、透視装置を用いて外科的治療と血管内治療のHybrid手術を可能にしています。
アンギオ業務に関しては、心臓カテーテル検査/治療を年間約700例行っており、津市内の2次救急の中核を担っております。また、末梢血管疾患に対する治療も行っており、カテーテル治療や下肢動脈に対するバイパス手術を行っております。手術室看護師の仕事の中には、アンギオ室での業務があります。
2017年12月にステントグラフト内挿術の第1症例を行い、以降1症例/月の頻度で手術を行なっております。
また、不整脈に関する業務の補助も行なっており、Hybrid室においては徐脈性不整脈に対するペースメーカの植え込み手術や、頻脈性不整脈に対する心筋焼灼術を積極的に行なっております。
アンギオ室では、患者様を中心とした医師・看護師・放射線技師・臨床工学技士のチーム医療にて手術を行っております。

内視鏡室

内視鏡室は通常の上部内視鏡検査(食道・胃・十二指腸)、下部内視鏡検査(大腸)をはじめとした一般的な内視鏡検査や治療(EMRやESD、食道・胃・十二指腸ステント留置術)を年間5000件行っています。また、特殊内視鏡を用いた検査(胆・肝・膵)や治療(ERCPやEST、胆管・膵管ステント留置術など)にも力を入れています。
質の高い専門技術や知識を習得するために研修への参加や、認定技師の取得に取り組んでおり、医師・看護師・臨床工学技士・診療放射線技師によるチーム医療を行っています。
患者様が安心して内視鏡検査・治療を受けることの出来る環境作りを心掛けており、スタッフ一同明るく元気に取り組んでいます。

透析室

透析室は地域の皆様のニーズにお応え出来るよう、2014年9月よりベッド5床で開設しました。腎臓内科医師、看護師、臨床工学技士合わせて7名(透析技術認定士取得者2名)が担当しています。全スタッフが専門性の高い知識や技術の習得のため日々精進し、患者様に安心・安全な透析治療の提供に心がけています。

外来

外来看護部は診療部門、救急外来、検査部門、処置室を看護師とクラーク(看護助手)が担当しています。
外来診察の介助、検査の介助、津市の救急や循環器ホットラインの受け入れなど、患者さんの状態は様々です。どのような場合でも、迅速で的確な判断が出来るように看護の専門性を高める努力をしています。
患者さんを受け入れる最初の窓口として、患者さんの気持ちに寄り添いながら、安心して医療を受けていただけるように努力しています。

看護部長あいさつ

看護部長 伊藤 秀代

永井病院は、地域密着型の中核病院として、患者さん・ご家族・地域の皆さんに寄り添える、安全と安心で、信頼を得る質の高い看護を提供し、満足していただける病院を目指し患者さんが住み慣れた地域で自分らしく生活できるように、他職種と協力しチームの力で支援しています。
知識・技術の習得のみならず、やさしさと思いやりのある人間性豊かな看護師育成に力を注ぎ、看護職員一人ひとりのコミュニケーション能力を高め、看護師の『和』と『輪』を大切に、働きやすい環境づくりを行っています。

地域の人々に良い看護を提供するために、永井病院で一緒に働きませんか?
仕事復帰に不安な方、経験の少ない方、ブランクのある方もご安心ください。一人ひとり教育研修プログラムに沿って支援いたします。
ワークライフバランスを推進できるような環境づくりを目指し、結婚・出産後も安心して勤務できるように支援を行っています。(常勤者には保育料の全額補助を行っています。)

是非、病院見学におこしください。お待ちしております。詳しくは電話にてお問い合わせください。